男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



妻の啜り泣き…

育休を取るしかない…

いつものように、夜22時頃に帰宅するが、部屋の明かりはついていない。部屋の奥からは、啜り泣く声。 玄関から部屋に入り、明かりを点けると、そこには、目を真っ赤に腫らした妻がソファーの上で項垂れていた…

 

育児がつらい…」

 

そう話すと、子どもの待つ寝室へまた戻っていく。私は部屋の入り口から動けなかった。「いよいよか」と「少し遅かったか」という後悔とで、頭の中が硬直していた。

 

妻からは以前からも育児がつらいという話は聞いていた。 

 

自分のペースで動けない

「子ども以外と誰とも話さない」

「仕事がしたい」

 

聞いてはいたが、誰もが通るつらさであり、時間が解決してくれるとも思っていた。もっと言うと、それが子育てというものだとも思っていたし、妻は甘いとも思っていた。だが、この夜は明らかに甘えなどではなかった。明らかに何かが張り切れたという涙だったのだ。そう、私は妻を、そこまで追い込んでしまったのだ…

 

この夜、私は育児休業を取ることを決心する。

 

以前からも、妻から育児休業を取る選択が取れないかと相談を受けていた。その時は、まさか自分が育児休業をとるなんて夢にも思っていなかったが、それを現実にするのだ。床についたが、会社からは何と言われるのか、自分が担当している仕事をどうするのか、そんなことを考えながら、その日はなかなか寝れずにいた…

 

f:id:nue0801:20170528002900j:image

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<掲載ブログ>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

書籍名:赤ちゃん苦手かも?と思ったら読む本 
著者名:清水 悦子