男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



小池百合子は果たして都民ファーストなのだろうか…⁉︎

都民ファースト」がうざい…

都知事になった小池百合子のニュースが連日絶えない…。で、その小池百合子が連発するのが、

などなど、何かにつけて「都民」のことを私はわかっているという主張ばかり…都民である私の感覚でいうと、正直嘘くさいし、うざったい。都民を味方につけ、自分への支持を増やそうという意図がよーく伝わってくる…

 

豊洲問題で都民を味方につけるつもりか?

世間を騒がす、豊洲市場の盛り土問題もそうだ。確かに、盛り土にすると公言していたことがそうでなかったのはよくない。もちろん、誰が、いつ、どのような判断でそうしたのかを明らかにするのも正しい。

 

だが、大切なのは、現状のままで豊洲市場を開催して安全かどうかだ。「都民ファースト」を主張し、現在の都政を無責任体制と罵り、都民を味方にでもつけているつもりかもしれないが、早く判断しろというのが、私の感覚だ。過去はさておき、現状その無責任体制のリーダーである当人が、自分が率いる組織を罵っているのも見苦しい…

 

都知事ならさっさと賢明な判断をせよ!

先日の調査でも、安全基準値を下回っているとの公表があった。これ以上の引き伸ばしは、築地市場に関連する事業者の負担や、豊洲風評被害による地下下落を引き起こしかねない。その被害は、また税金や資産減という形で、都民にしわ寄せが嵩む。

 

その判断をしている小池百合子都知事はまた、都政をスケープゴートに、都民を味方につけて自分は無責任に批評し続けるのだろうか…

 

f:id:nue0801:20170818050643j:image

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<掲載ブログ> 

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書

孤立無援の選挙戦を戦い抜き、都知事選で圧勝―その勝負勘はどこから生まれるのか?初の女性都知事がめざす最終目標とは?政治家としての本心から、魂の秘密までを多角的に検証。

書籍名:小池百合子 実力の秘密 (OR books) 
著者名:大川 隆法