男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



レーシックをすると、世界が変わる⁉️【後編】

遅くなりましたが、記事「レーシックをすると世界が変わる⁉️【前編】」の続きです…

 

f:id:nue0801:20170710160548j:image

 

手術当日(午後)

15時に病院にまた戻ると、受付に促され午前と同じ待合室へ…。午後も混み合っている。当日は本を2冊持って行ったが、午前に1冊を読み終えていた。2冊目の本を手に取り、ただただ待つ。ただただ待つ。ただただ待つ…💢

 

1時間半経っても、呼ばれることはなく、明らかに私より後から入った客が、先に呼ばれるのを見て、すぐさま受付に確認することに…私を待合室へ促した受付がそこには居て…「診察券をお渡しいただけないと、ダメですよ…」と…

 

さすがに待たされ続け、イライラしていたこともあり、「あんたが、何も要求せず、待合室へ促したんだろ💢」と、悪態をついてしまう…。すかさず婦長らしき方が出てきて、「申し訳ありません、優先的にご案内しますので…」と謝罪…

 

ここからは、ずっとイライラしていた…。婦長は優先的にと言ったものの、結局その後も45分待ち、午前と同じ診察を繰り返す。内容も午前と同じ、視力・大きさ・角膜強度・眼圧などの検診…。なんで午前と同じことやるんだよと思いつつも、従い続ける…

 

そして、最後に午前と同じように先生の問診が…で、午前と同じように「商売」が始まりだしたので、さすがにキレた…

 

  • 受付での顛末
  • 婦長は優先的といったがその気配がないこと
  • 恐怖心煽って、高いメニューを選ばせようとしていること

 

その先生にぶちまけると、今度は顧問たる先生のお出まし…さすがに、顧問は慣れているのか、謝罪はお上手といった感じ…。で、その顧問先生からも、午前と同じ説明を受ける…

 

「角膜量が少なく、加えて強度の近視・乱視の為、多くの角膜を削ることになり、手術の精度が求められる。そして、角膜が少なくなると、視力が落ちやすく、そして2度と手術はできない(削り取る角膜がない)」とのこと…顧問が出てきて、その顧問からそれだけ言われると、さすがにこちらも不安に…。そして、そっちが「商売」ならば、こっちも「営業」ということで交渉開始…

 

結局着地したのは、精度が高いと言われる 「アマリス750Zレーシック」(通常 29.7万円)+ 角膜強靭化手術(通常高価) をあわせて 36万円 にしていただけることに…。これに、妻からの招待券 5万円分を使い、妻にも紹介料 5万円を付けることも了承いただき、実質は 26万円 にしていただいたことになる。まさか病院で、値切りの交渉をするとは思わなかったが、結果良かった…。途中、自分はヤクザか…という罪悪感もあったが…(ー ー;)

 

で、また45分ほど待ち、ようやく手術に…

 

手術は事前の説明の通り、緊張はしたが、あっさりしたもんだった。目に麻酔をし、何も感じない状態で、角膜を削られる…下手に目が見えて、角膜が焦げる匂いだけするので、それはそれで怖かったが、角膜強靭化手術を合わせても10分程度で手術完了…

 

別室で少し休憩するが、その後は、防護用のメガネと1週間付ける目薬を手渡され、これで手術は全て終了となる。結局、全て完了したのは、夜の19時半…まるまる1日潰した格好だ…

 

で、目の状態はどうかというと、痛みはないが、事前の説明どおり、しみる感覚がある。私自身はなかったのだが、人によってはドライアイ(乾く)になる人もいるらしい…

 

帰りの電車くらいから、もう視力も普通に歩けるくらいには見えるようになっていて、いろいろあったものの、気分の高揚感もある。ドキドキしているのが自分でわかる。

 

その日は家に着くと、その頃には、痛みもしみる感覚もなく、視力はコンタクトと同じくらいまで回復。イライラも、値引き交渉も、手術の緊張も、手術後の高揚感もあり、さすがに疲れた…。その日はすぐに就寝した…zzz

 

術後検診

翌日は術後検診だった。検診に訪れると、あの受付が…さすがに悪態をついたため、こちらも悪い気分になる。術後検診も、基本的には検査と同じように、視力・大きさ・角膜強度・眼圧を検査する。最後に医師の問診を受け、終了…

 

無事、何も異常はないということで、この日は2時間程度で終わった。視力も、右 1.5・左 1.2 とコンタクトを上回る数値まで回復していた。

 

1週間後検診

基本的には、術後検診と同じ工程を踏む。こちらも、スムースに行けば、2時間くらいで終了する。視力は、右 1.5・左 1.5 まで回復していて、検査も何も異常なし!

 

まとめ

手術から1ヶ月経ったが、痛みも痒みもなく、終わってみれば、早く手術に踏み切らなかったことを後悔するくらい、すこぶる快適である。

 

まとめると、

  • 品川近視クリニックの対応は正直あまり良くない。
  • とにかく待たされるので、本などは数冊持って行った方がいい。
  • 安いメニューもあるが、商売かのように高いメニューを勧められる。
  • 実際、医療事故の話も聞くため、精度が高いメニューをお勧めする。
  • で、可能であれば、招待券を入手し、割引を受けるのが望ましい。
  • 相手も商売をしてくるので、値引き交渉は十分可能と思われる。
  • 手術は10分ほどであっさりと終わる。
  • 手術後から徐々に視力は回復し、1〜2時間後にはクリアに見えるようになる。
  • 1週間程度は、痛み・痒み・ドライアイがあるらしいが、目薬で解消する。
  • 1週間も経てば、何もなかったかのように、すこぶる快適な生活が待っている。

といったところだろうか?

 

妻が言うように「レーシックをすると世界が変わる」かというと、けして世界は変わらない…。だが、コンタクトと同じようにクリアに見えて、風の日も痛くない。ものすごく快適であり、レーシックをして良かったと本当に思う。もっと言うと早く手術をしなかったことには後悔するくらいだ。

 

個々人の考えもあり、医療事故等のリスクもあると聞くが、私はお勧めである…

 

私の手元に3枚の招待券がありますので、ご希望の方がいらっしゃれば、Twitterメッセージかなにかで、宛名・住所をご連絡ください。よろしければ、お送りいたします。→ 鵺 (@nue0801) | Twitter

twitter.com

 

f:id:nue0801:20170710160610j:image

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<掲載ブログ> 

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

レーシック手術、RK療法、ICL手術、オルソケラトロジー療法…自分に最も適した視力矯正治療法がわかる。

書籍名:正しく理解して選ぶ 視力矯正治療 
著者名:市川 一夫