読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



育児に5Sを取り入れる!(躾)

随分と間が空いてしまったが、5Sの最終回である…

  • 整理することで、スペースを生みだし、
  • 整頓することで、効率的に再配置し、
  • 清掃を習慣化させ、
  • 清潔を心がけることによって、「センス」を磨いたら、
  • 最後は、「躾(しつけ)」によって、実行を促がす…

 

」とは、むしろ育児の方が一般的に使われる言葉だが、ビジネス上の教育に於いても「」は重要である…

 

本来的な意味は、「裁縫で縫目が狂わないように、仮にざっと縫いつけておくこと」が語源であり、「礼儀・作法を教え込むこと」という意味が一般的であろう。

 

となると、「礼儀」「作法」とは何だろうか…ということになる。

 

別ブログ「仕事の本質/お金の本質」内記事「躾(しつけ)」では、以下のように説明している。

 

躾(しつけ)」とは、ルールを決めること。

  • いつ
  • 何を
  • 誰が
  • どのように

するのか・してはならないのかを決めよう。

 

ルールは、目的に沿っていることを前提にしよう。
目的に近づく為にやること、目的に近づく為にやってはならないことを決めよう。

 

ルールは、みんなで決めよう。
人は口には出さないが、思っていることがある。みんなでルールを出し合えば、みんなで守る。トップダウンのルールは浸透しづらい…。

 

ルールも整理整頓しよう。
不要になったルールは、人を無駄に制限する。悪習慣に変わることもある。ルールにした意図を誰もしらないケースもある。定期的に、ルールを見直し、場合によってはルールを捨てよう。

 

これが、マネジメントや品質改善の原則。

 

これを、家庭内・育児の場面でもすればいい。

  • 6時半には起きる。
  • 食事は家族全員で取る。
  • 仕事で飲みに行く時は、16時までに連絡を入れる。
  • 息子は20時までには寝る。
  • 夜泣き対応は私の仕事。
  • 休日の食事は妻が作る。
  • トイレの蓋は開けっぱなしにしない。
  • 電気は毎回消す。
  • …etc

書き出せばキリがないが、我が家にもたくさんのルールができた…

 

浸透するには、時間がかかる。

その時は、言い続け、場合によっては書き出し、張り出し、家族会議をし、浸透するまで根気よく話合うのだ…

そうしないと、ルールはなかなか定着しない…。

 

また定着しないルールは、何が要因なのか、そもそも必要なのかを皆で議論するのも、一案だ。悪法は、行動を制限するのみで、効果が無いからだ…。

 

 

いかがでしたでしょうか…?

ビジネスにおいて、「5S」を体験されている方も多いと思いますが、家事・育児に於いても、もっと言うとどのような分野に於いても、「5S」は通ずると実感しています。

 

ぜひ試してみてください…^ - ^

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書>

男の子の行動を変えるのに、厳しくするのは逆効果。「今すぐ」を求めない。気長に待つ。「具体的な言葉」で、何度でも教える。1日30回、笑顔にする。叱らなくてもちゃんと伝わる方法。

書籍名:言うこと聞かない!落ち着きない! 男の子のしつけに悩んだら読む本
著者名:原坂 一郎