読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



長嶋さんは、清原の覚せい剤使用を知っていたのではないか…⁉️

連日報道される元プロ野球選手・清原和博覚せい剤使用容疑…

 

サンスポでは、ジャイアンツ時代の同僚が「チームメイトはみんな知っていた」との衝撃証言を紙面掲載した…

 

出所)元G同僚が衝撃証言…清原容疑者の覚醒剤使用「みんな知っていた」- SANSPO.COM(サンスポ)

www.sanspo.com

 

先日記事「「金正恩」と「清原和博」の共通点⁉️」でも書いたが、

  • 誰も、清原の悪行を知りつつも、口出しできる雰囲気ではなかったのだろう…
  • それほど「番長」は球界内で、祭り上げられていたのではないだろうか…
  • 唯一、叱ってくれる存在が盟友・桑田だったのだろう…
  • そして、その唯一の相手も、本人は拒否してしまったのだ…

ということが、推察できる…

 

よく言われるが、

人は、叱られなくなったら、おしまいなのである…

 

なぜなら、

  • 期待するから「叱る」のであって、もう諦められたのだ…
  • 心配するから「叱る」のであって、心配する人がいなくなったのだ…

 

清原を擁護する立場でも、批判する立場でもないが、自戒する機会として、今回の報道を捉えたいと思う。叱ってくれるのは、本来はありがたいことなのだ…

人間、歳をとればとるほど、偉くなればなるほど、叱ってもらえなくなるのである…

 

 

先日行われた名球会ベースボールフェスティバル2016」で、清原は、長嶋茂雄氏から右手をつかんで引き寄せられ、耳元で「君はまだまだ若い。頑張るんだぞ!」と、力強く激励を受け、涙を堪えたという…。

 

出所)清原和博氏、長嶋茂雄氏の激励に泣きそうに…耳元で力強い言葉 - ライブドアニュース

news.livedoor.com

 

それは、

  • 自分でも、自分の悪行を止めることができず、
  • 周囲も、誰も叱ってくれない状況下において、
  • 長嶋さんは、自分のことを気にし、叱ってくれる…

という、思いがあったからこそ涙が溢れたのではないだろうか…そして、長嶋さんも清原の弱さを分かっていたのではないだろうか…

 

やはり残念である…

 

f:id:nue0801:20160209145411j:plain

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

説明不要の戦後日本最高のスーパースターの自伝。 メジャー流の魅せる野球を追求した華麗な野球人生はプロ野球を越え、多くの日本人に勇気を与えした。リハビリと闘う今もやはり多くの日本人に希望を与えています。

書籍名:野球は人生そのものだ
著者名:長嶋 茂雄