読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



【老害】89歳の弁護士が2歳児に肘打ち💢

男が育休を取ったら気づけたこと 時事ネタ

信じられない事件だ…

89歳の弁護士がバスの中で、2歳児に肘打ちをしたという…。

一緒にいた母親が110番通報し逮捕されたとのこと…

 

89歳の弁護士の男がバスの車内で2歳の女の子の背中をひじ打ちしたとして逮捕されました。弁護士の鈴木哲太郎容疑者は12日午後5時すぎ、東京・世田谷区を走行中のバスの車内で、2歳の女の子の背中をひじ打ちした暴行の疑いが持たれています。警視庁によりますと、バスは渋谷駅発の二子玉川駅行きで、女の子は鈴木容疑者の後ろに立っていたということです。ひじ打ちを目撃した母親がすぐに110番通報し、鈴木容疑者は駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。取り調べに対し、鈴木容疑者は「わざとではない」と容疑を否認しています。

テレビ朝日系(ANN) 12/14(水) 10:34配信

 

何があったのかは知らない…きっと騒がしくしていたのに、腹をたてたのだろうと推察もする…それでも、大の大人で、社会的立場にある方が、あまりにも稚拙な暴力的解決策に思えてならない。

 

一緒にいた母親も驚いたことだろう。

自分がその立場にいれば、激昂していたかもしれない…

 

これも老害?あまりにも酷い…

 

f:id:nue0801:20161215085647j:image 

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書

高齢者だって生まれつきの性格にしたがって生きている。ただし、若いときよりも強い個性となって―。高齢者が増えるとともに、多くの家庭を襲う「老害」は、もはや「年をとれば頑固になるから」「当事者でないとわからない」などの一般論ではすまされなくなっている。本書は、インタビューで得た8つのエピソードから「老害」の諸相を描いた話題作。

 

書籍名:老害: 子ども世代は逃れられない
著者名:佐藤 ゆかり