読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



前向きを装った、悪性管理職に惑わされるな❗️

「過去を振り返っても仕方がない…」

 

よく聞く耳障りのいいフレーズだ。振り返るべき過去かどうか分別できたコメントならいいのだが、問題からの逃避に使うなら許されない。

 

分別なくこのフレーズを多用するのは、

  • 分かった振りをする人
  • 過去の成功体験にすがる人
  • 異なる考えを受け付けない傲慢な人

に多い。


傾向としては、年配の管理職に多い気がする。

前向きを演じているようだが、単に問題先送りの人物…

どこの企業にもいくらかいるのではないだろうか。

 

困難な状況を正確に把握し、打破せねばならない時に、このフレーズで問題を先送りする姿勢には辟易する…振り返るべき過去もあるのだと、強く思う。

 

ダメ上司と部下

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書

タイトルのとおり、勝間和代さんがおくる「ビジネス思考法」の基本と実践の書です。本書では、ビジネスで一歩先行くための基礎的なものの考え方<フレームワーク>を、1 論理思考力 2 水平思考力 3 視覚化力 4 数字力5 言語力 6 知的体力 7 偶然力の7つに分類。それぞれの力を身につけるための3つの基本テクニックと、4つの実践方法について、豊富な事例、勝間さん自身の経験をおりまぜ、わかりやすく解いています。特に、「論理思考力」については、外資系コンサル等で多用される基本的なテンプレート21をカラーチャートにして掲載。それに加えて、それぞれのフレームワークごとに勝間さんがお勧めする書籍もカラーで紹介しています。まさに、勝間和代の「頭の中」、すなわち、その発想と、仕事の質・量・スピードの秘密をはじめて公開する貴重な1冊です!

書籍名:勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 
著者名:勝間 和代