読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



クールに人の何倍も仕事をこなすには⁉️

仕事の本質・お金の本質

「現状の倍の仕事をしろ!」と言われたら

上司から「現状の倍の仕事をしろ!」と言われたら…

一瞬で「ムリ」と思うのは早計です。

「現状の倍の仕事をしろ!」という意味をもう少し深く考えてみましょう。


分かりやすい話でたとえると…

 

【現在】

  • 一人あたり1000万円の売上
  • 一日あたりの処理件数50件

 

【目指す姿】

  • 一人あたり2000万円の売上
  • 一日あたりの処理件数100件

 

こう考えるとどうでしょうか?

まだムリですかね。

なぜムリだと思うか?


「ただでさえも残業や、休日出勤をしているのに倍なんて…」

 

成果と労力を正比例して考えると私も難しいと思います。

 

気づいた方も多いと思いますが、成果と労力は必ずしも比例しません。

労力はそのままに、売上を倍にする。

あるいは労力を下げつつ、売上を倍にする。

分けて考えると、少なからずアイディアは出ます。

 

現状の倍の仕事をするには…

成果を挙げる直接的な行動を増やせば成果は挙がるので、間接的な行動を減らす、あるいはどこかにやってしまうのがカギです。

 

営業活動で言うと、顧客との接点行動。

これが直接的な行動です。つまり商談数です。

もっと言うと、売上に近い商談行動は見積もりや提案工程です。

 

それを阻害しているもの…

  • 事務作業
  • 意味のない巡回的行動(請求書持参や何らかの立ち会い)
  • 日中行われる機能が重複した会議・会合
  • …etc

この阻害しているものに着目をし、改善をしていけば労力は自然と縮小できます。

 

もうひとつ…

 

売上に近い営業行動は、見込み客への訪問です。

初期接触は終わっているので、継続的に接触でき、かつ商売の話がしやすい相手を狙えばそれだけ、成果は近くなります。

基本的な行動を見直すだけで、これだけ変わってくるのです。


仕事における労力と成果の関係を比例して考えないこと。

  • 労力をいかに減らすか
  • 成果をいかに増やすか

要はいかに楽して、一石二鳥を狙うか…

これが、倍仕事をするポイントです。

 

今の時代、スーツも仕事もやはりクールなのが求められるわけです…

 

f:id:nue0801:20160223112313j:plain

 

仕事を時間の経過としか捉えられない方、やる気のない人には意味のない話ですが…

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書

両手を同時に動かす方法、不振の時期を短くする、相手より優位な立場に立つ…5000人以上の「行動特性」からわかった、成果を出す人材、出さない人材の26の共通点。

書籍名:同じ条件、同じ時間で 10倍仕事ができる人、10分の1しかできない人 
著者名:鳥原 隆志