男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



やっぱり息子を連れての朝の満員電車はキツイ…(T ^ T)

やってしまった…

今朝の話…。

今朝は私が息子を保育園に送る当番の日。

いつも通り、6時半すぎには家を出て、駅改札に向かうと携帯がない…(ー ー;)

一瞬迷ったが、仕事にも支障が出ると思い、走って家に戻る。

 

家に着くと、妻の冷たい表情…

 

携帯を手にし、また駅に向かう。

結果としては、いつもより15分遅れの電車。

 

保育園に通う前に、どの電車ならまだ空いているかを確認し、いつも乗っている時間が、まだ空いていて一番遅い時間帯だとわかってはいたのだが、やはりいつもより混んでいる…。

 

しかも電車は遅延しており、気持ちとは裏腹に、電車はゆっくりゆっくり進む…。

各駅停車だから仕方はないのだが、焦りだけが募っていく…。

 

急がば回れ

保育園の最寄駅に行くには、乗り換えをする。乗り換えのタイミングも当然ながら、いつもと異なり、来たのは急行電車…(ー ー;)

 

ええい、乗っちゃえ!

 

と思い切って乗り込んだが、これが後の祭り…(T ^ T)

 

いつもより遅い時間&急行電車は、やっぱり満員電車であって、乗車率200%とかいったひどさではないものの、軽く150%はある感じ…。隣の人とは接していて、むさ苦しい感じは十分ある。

 

案の定、息子はまず暑さに耐えられず、泣き出す…

そして、抱っこ紐から海老反り状態で、仰け反る…

しまいには、隣の人の服を引っ張り出す…

 

後一駅というところだったが、私自身も周囲の目に耐えられず、断念し下車する…

結局のところ、各駅停車の電車が来るまで待ち、少しは空いた電車で最寄り駅に到着。

スーツはくしゃくしゃ、ネクタイは鼻水でベトベト、そして私は緊張もあり汗だく…

 

急いで保育園に預け、急いで会社に向かったが、若干の遅刻。

もう、朝から一仕事終えた感あり、ぐったりの一日だったのでした…

 

早く解放されたい…(T ^ T)

 

f:id:nue0801:20160420220906j:plain

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

保育士・子供・親の「善循環」を生み出す保育とは?まず、子供の発達を理解すること。そして、子供の小さな達成感を積み重ねること。40年の保育実践から生まれた「子供の発達を保障する保育」を紹介。親の協力から得られる保育のありかたを徹底解説。

書籍名:「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの
著者名:長田 安司