読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



慣らし保育初日は、バタバタ&あっけらかん⁉️

男が育休を取ったら気づけたこと

慣らし保育初日はバタバタ…

今日から息子の慣らし保育が始まる。記事「慣らし保育の間、仕事はどうする⁉️」でも書いたように、最寄りの認可・認証保育園に全滅した我が家では、渋谷区の保育園まで息子を満員電車に乗せ、通園・通勤するという地獄の生活が始まるのだ…(-_-)

 
今日はその初日だったわけだが、慣らし保育の期間は妻側で有給を取ってくれ、送り迎えをしてくれる。満員電車を避けるため、そして今日は雨ということもあり、妻と息子は6時半には家を出る。早朝5時半には起き、息子に食事を与え、出社の準備をするのだ…(ー ー;)
 
妻と息子を今日は家で見送り、いつもより早い朝に一息つき、ダイニングテーブルでお茶を飲もうとすると…
 
家の鍵が2本…
 
妻が家の鍵を持たず、出てしまっていたのだ…(T ^ T)
雨の中、駅まで向かったが、既にその姿はなく、電話をしてもつながらず、LINEを送るが既読にならず…満員電車で息子と格闘する姿を思い浮かべる…
 
ようやく返事が一言…
 
「まじ?」
 
私も一言…
 
「まじ!」
 
結局、マンションのポストに入れ、私も家を出ることに…
 
 

当の息子はというと…

一方妻と息子はどうだったかというと…
 
  • 満員電車では、予想どうり、息子は泣き出し…
  • 保育園では、息子はまたギャン泣きしたまま妻にしがみつき…
  • 息子がおもちゃに気をとられている間に、妻は保育園を後にしたらしい…

 

f:id:nue0801:20160404232207j:plain

 

今日の慣らし保育は、11時までだったので、その頃に状況を確認すると…

 

「●●(息子)は、拗ねたのか、迎えにいってから、一言も発しない…」

 

とのこと…。迎えに行くと、息子は保育園で一人で黙々とおもちゃで遊んでおり、妻には見向きもしなかったらしい…。そしておもちゃを引き離し、抱っこ紐に抱えても、うんともすんとも言わず…ただただ拗ねていたらしい…(ー ー;)

 

妻としては、少しの時間であっても、離れたことに寂しさや申し訳なさを感じ、大喜びで妻にしがみついてくる息子を想像していたのだが、なんともあっけらかんなのである…


妻は、こうしてきっと親離れをしていくんだな…と、早くも侘しさを感じていた…

 

それにしても、このバタバタ生活は、いつまで続くのだろうか…(T ^ T)

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 
<推薦図書>
2015年度に保育園制度が大きく変わる。本書は新制度に対応した内容に改訂した、1冊まるごと保活のバイブル。