男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



保育園合否は、この1点が天地の差…(T ^ T)

市の認可保育園・認証保育園に全滅した我が家…。

渋谷の無認可保育園になんとか入れてもらい、退職は免れたものの、やはり満員電車に息子を連れて通園するのは辛いものがある。

当然ながら、通常よりも早朝時間に家を出て、なんとか凌ごうとも思うが、やはり2時間通勤になることを考えると、早く家の近くの保育園には入りたいとうのが本音である…

 

で、もう5月以降の入園にかけ、再度市に問い合わせると、状況が変わったので、以下の2つの書類を提出すれば、より有利になるとの話…。

 

  • 保育受託証明書 …無認可保育園等何処かしらに預けているという証明
  • 勤務状況証明書 …育休から復帰し、勤務していることの証明

 

電話では、市の職員が、

「これで、点数的にはかなり優先順位が高くなると思います〜」

なんて、言ってくれたが、落ちまくった我々は、懐疑的…(ー ー;)

自分たちがどの位置にいるのかが、見えないのがこんなに苦しいなんて…。 

 

夫婦共働きだけでは保育園には入れない状況にあり、無認可に一度預け1点増やし順位を上げるのが一般的とはよく聞いていたが、やはりそれが実態なのだろう。

この1点差が天と地の境なのだ…。

 

とにかく期待したい…(T ^ T)

 

f:id:nue0801:20160322101611j:plain

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

もしも保育園が義務教育化されたなら…子どもの学力は向上し、児童虐待は減少し、景気まで回復する!?良質な乳幼児教育は、将来の年収や治安までも変える。少子化対策への閃光の一手を社会学者が提言!!描き下ろしパラパラ漫画も。

書籍名:保育園義務教育化
著者名:古市 憲寿