読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



土地探しは一生もの…妥協してはならないのだ‼️

辻堂、鎌倉と土地を探したが、徒労に終わった…

(記事「「辻堂」は海が遠く…(T ^ T)」「「鎌倉」は、遊びで来るところであって、住むところではない⁉️」参照)

 

当初要望していた「海」の近くに住むことはもちろん今だに魅力的ではある。

だが、いざ住むことを考え土地を探すと、それとともに(もしくはそれ以上に)、

「生活」(通勤・買い物・街並み)を、我々は重視していることに、気づく…。

 

「海」は憧れであり、それだけでは、何かを犠牲にすることになりそうなのだ…。

 

f:id:nue0801:20160125152733j:plain

 

当初の土地に関する要件は、

  • 子育てを考え、都心ではなく自然溢れた郊外であること
  • 通勤を考え、勤務地(東京駅&新宿駅)から1時間以内であること
  • 地震津波、土砂崩れなどハザードマップ上問題ない場所であること
  • それなりに商業施設があり、利便性があること
  • 広さはそれなりに大きい方がいいに越したことはない…
  • 息子が独立後に売却することも考え、資産価値が上がるもしくは下がらないこと
  • 予算は、4000万円内(理想は3500万円内)

(記事「何処に住み、どんな家を建てるか…」参照)

だったが、改めて家族会議を開き、見直すことにする。

 

「海」が見えるという、要件は完全に外し…新たに、

  • 通勤を考え、勤務地から(通勤時間帯も)1時間圏内であること。
  • 徒歩圏にスーパーがあること。
  • 坪数は、30坪以上
  • 街並みが綺麗であること。
  • 家周辺が抜けていて、眺望があること。

という要件は追加・変更する。

街並みや眺望については、辻堂・鎌倉に行き、発見した我々の希望だ…。

路地が狭い、区画整理されていない、電柱・電線が多い、家間が狭く眺望がない…というのが、実際土地を見る中で、我々が否定的に捉え、発言する内容だった…。

要は、それを求めているのだ…。

 

加えて、そうこうしているうちに、私の勤務地が東京駅から新宿駅に移転することになった…。

 

まとめると、

  • 子育てを考え、都心ではなく自然溢れた郊外であること。
  • 通勤を考え、勤務地(新宿駅)から(通勤時間帯も)1時間圏内であること。
  • 地震津波、土砂崩れなどハザードマップ上問題ない場所であること。
  • それなりに商業施設があり、利便性があること。徒歩圏にスーパーがあること。
  • 広さはそれなりに大きい方がいいに越したことはない…坪数は、30坪以上
  • 息子が独立後に売却することも考え、資産価値が上がるもしくは下がらないこと
  • 予算は、4000万円内(理想は3500万円内)
  • 街並みが綺麗であること。
  • 家周辺が抜けていて、眺望があること。

という要件になる…。

 

要望は上がった格好だが、「海」を外せば、探す範囲は広い…。

「辻堂」もまだ引き続き候補の一つだ…

もしかすると一生住むかもしれない土地だ…慎重に、粘り強く、探すことにする。

土地探しは妥協してはならないのだ…(ー ー;)

 

続く…

 

<関連記事>

nue-house.hatenablog.com

 

<推薦図書>

あぁ!なんて大変、だけど楽しい…土地探しから、ローン、建築家探し…次々あらわれる試練!三角形という不思議なかたちの狭小土地でも、収納たっぷりの快適なお家ができたんです!家造り体験エッセイ。作者が率直に表現しているので、すごくリアリティが高いです^^

書籍名:ドレスよりハウス 家を建てて一人前! 
著者名:室井 滋