男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



イクメン宮崎議員 不倫の代償は⁉️

イクメン宮崎議員の不倫ニュース…

自民党・宮崎謙介議員が、妻・金子恵美議員の出産6日前に女性タレント・宮沢磨由と不倫していたことが明らかになった…。宮崎議員といえば、国会議員でありながら、育児休暇を取得するということで、話題にもなった。賛否ありながらも、時代背景も後押しし、一定の支持も得ていた為、そのギャップからの反発も大きい…

 

f:id:nue0801:20170710090224j:image

 

過去の国会議員には、山本モナとの不倫が報じられた細野剛志議員などがいたが、議員辞職まで責められることはなかった。しかし今回は議員辞職すべきとの意見も多いようだ…。やはり、育休取得することがあった為、イクメンという印象と不倫というギャップが、世の中に大きな反発を呼んでいることを、自民党自体が、甘利経済再生相の現金授受問題後の更なる影響を考え、早めの対応を迫っているとも考えられる。

 

不倫の是非は語るまでもないが、

  • 妻の出産6日前という、心も体もサポートが必要なタイミングであったこと
  • 育児休暇を取得するというイクメンのイメージとのギャップ
  • さらには不倫相手が、女性タレントという軽薄なイメージ

が、世間の悪評を生んでいると考えられる…

 

明日2月12日には、記者会見も行うとのことだが、悪評をどこまで最小化できるかだけであって、議員としては、もう取り返しがつかないことであろう…。

 

その代償は…

  • 明日の記者会見でどのように釈明するかだが、悪評は免れないだろう…
  • 自民党自体は、今後の支持率を鑑み、議員辞職を勧めるであろう…
  • 次回選挙に出馬したとしても、少なくとも女性票は確実には入らないであろう…
  • 結果、議員としては、二度と当選することはないのであろう…
  • 場合によっては、金子議員とも離婚という話にもなるかもしれない…
  • …etc

 

政治家としては、おしまいなのである…(ー ー;) これから、またサラリーマンとして復帰するのももしかすると会社からは敬遠されるかもしれない…。杉村太蔵のように、タレントとしてはもしかすると機会があるかもしれないが、長続きするかはわからない…

 

本人に非があり、弁護・擁護の余地はないが、細野議員の不倫報道時との反発度合いの差だけは、少しだけ同情する…。イメージとのギャップは、反発し、敵意になるのだ…ベッキー然り…である…

 

f:id:nue0801:20170709003029j:image

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

愛人はいるか、妻を愛しているか、部下に嫌われているか、上司を悩ましているか、遊びすぎてないか、マジメすぎてないか……成長したい男たちに問う、男のための本革の手帳。「騙されて大人じゃん」「できる男は愛妻家」「不完全さの許容」「不倫は純愛である」「美人を秘書に」「リーダーは矢面に立たない」など、男を奮わす名言をテーマの爆笑漫画が盛りだくさん。

書籍名:できる男は不倫する
著者名:松岡 宏行