読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



人が嫌がることを、進んでやる⁉️

男が育休を取ったら気づけたこと

自分が小学校の頃、児童会会長を決める選挙が学校で行われた。

 

体育館に集まり、選挙が行われるのだが、候補者演説とともに応援演説というのがセットで発表され、聞いた児童が投票するというものだった。

 

今でも、衝撃で忘れられないのだが、

 

ある候補者の応援演説で、高らかにこう言ったのだ…

 

「◯◯君は、人が嫌がることを、進んでやる人です❗️」

 

それを聞いた、(私を含め)多くの児童が「そんな人、嫌だ」と思い、投票しなかった…

 

当の本人は、おそらく、

 

「◯◯君は、他のなら嫌がることでも、進んでやる人です!」

 

と、掃除や給食担当など、他の人なら嫌がることも、その候補者は進んでやる と言いたかったのだろうが、それをうまく伝えられなかったのだ…

 

結局、その候補者は落選し、その後も尾をひいた…

表現とは、難しいものである…

 

あまりに衝撃的な応援だったので、今だに覚えている…

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

なぜ、そんなことを思い出したかというと、もうすぐ1歳と4ヶ月になる息子が、逆に「人の嫌がることを、進んでやる息子」だからだ…(T ^ T)

 

最近は、自我をかなりハッキリ主張するようになったし、それ自体はすごく嬉しいのだが、どうも父親・母親の反応が、本人は楽しいようなのである…

 

特に、我々が困った表情をすると、当の本人は「キャッキャ、キャッキャ」と笑顔になりずっと喜んでいる…

 

  • 片付けたばかりのオモチャを、すぐにばら撒く…
  • テーブルの上のものを、手を伸ばし、下に落とす…
  • ズボンを履かせようとすると、反転し、逃げ出す…
  • 食事を、「ベーっ」と吐き出す…
  • ベッドに寝かせると、立ち出す…
  • オムツを替えたそばから、う◯ちをまたする…
  • …etc

 

などなど、喜んでいる姿は、とても可愛らしく、愛らしいのだが…

果たして、これが親だけでなく、今後できるであろう友人などにもして、楽しみやしないかと、心配になる…

 

ついつい、喜ぶ姿を見て、我々も「もう〜っ」と、楽しく反応してしまうが、考えものである…(ー ー;)

 

ふと、昔のことを思い出して、ほくそ笑む私でありました…^ - ^

 

<推薦図書>

ほめ方、叱り方、しつけ方、勉強法、ケンカ対処…男の子がわかると、子育ては楽しい。お母さん、もう怒らなくていいんです!あなたの息子さんが優しくたくましい大人に成長するための子育て読本。

書籍名:男の子はなぜ言うことを聞かないの?
著者名:波多野 ミキ