読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



育児に5Sを取り入れる!(整頓)

さて、記事「育児に5Sを取り入れる!(整理)」の続きである。

 

整理ができる≒不要な物が捨てられると、そこにはスペースが生まれます。

そのスペースの広さを考えても、いかに不要な物を念のため、保管しているかを感じられるはず…。

 

整頓とは、生まれたスペースを活用し、効率的に物の再配置を行うこと。

 

私の別ブログ「仕事の本質・お金の本質」内記事「整頓」では、以下のように紹介している。

 

整頓」とは…?

 

整理」された状態では、スペースができる。
 スペースができた状態で、使いやすいように再配置することが「整頓」だ。

 

  • よく使うものは使いやすい位置に
  • よく使うものは、机の上段の引き出しに
  • よく使うものは、引き出しの前側に
  • 同じものは同じ位置に
  • 文具は同じ種類でまとめる
  • 捨てるものは、一つのスペースに集める
  • コピー用紙は、コピー機の横に
  • キャビネットは使う人のそばに、

 

探す時間を省くのが「整頓」だ。
歩く時間を省くのが「整頓」だ。

 

 

家事や育児に置き換えると、例えばこんなことが言える…。

 

  • 毎日使う物は、棚や引き出しの手前側に
  • 毎日使うお皿は、食器棚の手前に
  • 冷蔵庫の中は、賞味期限が近いものを手前に
  • 子どもが触れて危険なものは、歩き回らない場所や高い位置に
  • 一連の動作(例:オムツ、ウェットティッシュ、ゴミ箱)で使うものは同じ箇所に…etc

 

効率性を考えて、物の再配置を習慣化させると、そこには「気づき」が生まれます。

そうして毎日「気づき」を習慣化すると、「センス」が生まれます。

これは、子どもの教育にも、ものすごくオススメです!

 

毎日使う物を取り出す為に、その度に物を動かしたりしてませんか?

それは、再配置する検討の機会ですよ^^

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書>

書籍名:小学生からはじめる 整理整頓が身につく本 -セルフマネジメント-
著者名:山崎 紅