読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



ベビーチェア・キッズ用チェア

男が育休を取ったら気づけたこと

ベビーチェアは、子どもが離乳食を食べる頃に購入いたしました。

それが、これ…⬇️

 

笑顔のダイニングベビー椅子 木製子供用チェア 【マジカル】 ナチュラル 

座板と足置き板の高さが調節でき、子どもが大きくなっても使えることが購入のポイントでした。

 

実際使ってみると、ベビーチェアキッズ用チェアの決め手は以下の3+1点に集約されるかと思います。

 

  1. 子どもの成長にあわせて、座版・足置き板の高さが調節できること
    これは必須の条件な気がします。「笑顔のダイニングベビー椅子 木製子供用チェア 【マジカル】 ナチュラル 」はその点は、非常に簡単に高さが調整できる点が良かったです。

  2. 子どもがずり落ちたりせず安全なこと
    子どもは、椅子からずり落ちたり、容易に立てたりすると、結構危険です。「笑顔のダイニングベビー椅子 木製子供用チェア 【マジカル】 ナチュラル 」はずり落ち防止用のベルトがあるので、ずり落ちはしないものの、息子は座版によく立ち上がるため、その点は、なにか立ち上がれない工夫のあるものが安全なのかもしれません。

  3. デザインがインテリアなどにマッチすること
    これは、好みの問題ではありますが、私は気にしました。木目調のダイニングテーブルを使っているため、マッチする木製のものが良かったですし、「笑顔のダイニングベビー椅子 木製子供用チェア 【マジカル】 ナチュラル 」はカラーバリエーションが豊富(10色)だったので、私の好きなオレンジを選びました。

  4. テーブルなど付属品がついていること
    これは、正直わかりません。我が家では、夫婦が使うダイニングテーブルに横付けし、息子もそのテーブルを使っていますが、さほど不自由はしていません。が、実際付属しているものがあると、便利なのかもしれません。息子は、すぐに食器を放り出すので、怖くて置けないですが…(ー ー;)

 

満足はしているものの、2,の何か立たない仕掛けのあるベビーチェアならもっと良かったのかもしれません…。立ち上がったりするのは、うちの息子だけかもしれませんが…

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com