読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス」

男が育休を取ったら気づけたこと

図書館で目に止まった書籍「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス」を読んでみた。どうも世の中はイクメンブームらしい…。

 

こんな記述があったので、ご紹介。

 

お父さんが育児をすると6つのいいことがあるらしい…。

 

  1. お母さんが楽になる。そうすると、お母さんと子どもの、より良い関係が築かれる。お母さんの、お父さんへの愛情も深くなる。
  2. 子どもは、自分はお母さんだけでなく、お父さんからも愛されているんだという気持ちを持つ。自己評価が高くなる。
  3. お父さんが、ほめてくれると、子どもが、友達関係や、学校、社会に出て行くときの、勇気になる。
  4. お父さんが、体を使って遊んでくれると、体も丈夫になる。
  5. お父さんに、ちゃんと叱ってもらうと、子どもはルールを守れるようになる。
  6. お父さんが、ジョークを言うと、家の中に、ゆとりができる。

 

概ね賛同するが、実体験として育児を専業でしてみた私としては、

  • 軽く、薄っぺらいんだよ
  • 実際は、そんなほのぼのしてねぇよ

と、言いたくなる…。

 

実態は…、

  1. お母さんが楽になる。そうすると、お母さんと子どもの、より良い関係が築かれる。お母さんの、お父さんへの愛情も深くなる。
    →それだけじゃなく、妻との比較意識や競争意識も生まれる…。
  2. 子どもは、自分はお母さんだけでなく、お父さんからも愛されているんだという気持ちを持つ。自己評価が高くなる。
    →それだけじゃなく、息子の取り合いも生まれる…。
  3. お父さんが、ほめてくれると、子どもが、友達関係や、学校、社会に出て行くときの、勇気になる。
    →たまにじゃなくなるので、ほめる効果が薄れていく…。
  4. お父さんが、体を使って遊んでくれると、体も丈夫になる。
    →毎日遊ぶと、中年の体にはキツイ…。
  5. お父さんに、ちゃんと叱ってもらうと、子どもはルールを守れるようになる。
    →これも、たまにじゃなくなるので、叱る効果が薄れていく…。
  6. お父さんが、ジョークを言うと、家の中に、ゆとりができる。
    →妻との関係性でいうと、冷たい空気が流れます…。

 

とは言いつつも、いい本です…(ー ー;)

仕事をしている男性には、一度読んでもらいたいと思いました。自分は育児を手伝っている、よくやっていると思っている方は、奥さんが何に怒っているかに気づけます…。

 

<推薦図書>

書籍名:忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
著者名:明橋 大二