読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が育休を取ったら気づけたこと

男が育休を取ったら気づけた育児の楽しさ・苦労・コツを感ずるままに書き綴ります。



育児と仕事の両立

男が育休を取ったら気づけたこと

先述の「育児は本当に大変なのか?」で記載した通り、育児はやはり大変だった。

しかし、育児そのものでいうと、寝不足や自由度がないというつらさはあるものの、子どもと触れ合える楽しさもあり、育児だけをやれと言われれば出来なくはない。

 

育児も仕事も、やはり大変さはあるものの、同じように楽しさもあり、けっしてどちらが大変だとかつらいとかいうものではないと思っている。

 

だけれども、だけれども、これが育児と仕事を両立するとなれば話は別だ。少し考えるだけで、容易に破綻することが想像できる…。(少なくとも私は…)

 

保育所に預けられたとしても、どんなに近い保育園だったとしても1時間は早く起き、早く食事をし、洗濯を済ませ、早く家を出ることになるだろう。

 

お迎えの時間に間に合わせる為、仕事は限られた時間内に全て済ませ、無駄な残業は一切できなくなるだろう。当然、「今日は、一杯やるか!」なんて能天気なことは言ってられない。

 

帰ったら帰ったで、食事をし、洗濯ものを取り込み、掃除をし、風呂に入れ、寝かしつける…。限られた時間に詰め込み、洗濯や掃除の頻度や精度は落とすかもしれない…。

 

これは、育児ストレスどころか、破綻だ…。

そんなときに、先述の「妻にカチンときた💢」で書いたような、他人事の夫が 酒臭く帰ってきようものなら、キレるのも当然だ…。

 

改めてですが、両立をされている働く女性には、頭が下がる。

そして、他人事の男性陣に、「そんなことしてたら奥さんに見捨てられるよ」と強く伝えたい…。

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

書籍名:働くママの仕事と育児―私は両立!保育園探し&育休明けの働き方から再就職まで
著者名:たまごクラブ